MENU

サインバルタカプセル通販

サインバルタを通販でお得に買う方法紹介しています。

 

 

サインバルタカプセルはうつ病の薬です。

 

心の病として社会のストレスやプレッシャー、いじめや悩みでドンドンうつになってしまう方が多くいます。

 

うつ病を治したい、治療したい、でも病院へ通院する時間も意欲も無い・・

 

そんな時には便利なサインバルタ通販があります。

 

意欲や気力が出ない方、そんな方達にうつ病を少しでも克服し治す治療薬として画期的なサインバルタをご紹介します。

 

 

うつ病の原因

 

主なうつ病の原因として、神経伝達物質の分泌が減少されバランスがとれずそれにより自分の感情が上手く伝えられず不安定な気持ちになりうつ病として発生してしまいます。

 

うつ病により仕事も信頼も友達も全て失う事になってしまいより深く傷つき重度なうつ病にもなり兼ねます。

 

バランスを崩さないようにするには改善が必要です。

 

病院へ通う事も大切ですが、減少してしまった神経伝達物質の分泌を増やす為には薬も必要です。

 

 

うつ病の薬の三種類について

 

うつ病の薬三種類についてご紹介します。

 

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害)はセロトニンだけ増やします。セロトニンの増加により不安や気持ちを安定させてくれる働きがあります。

 

次にSNRI(セロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害)セロトニンの気分と感情、ノルアドレナリンの意欲を高めてくれる効果があります。

 

うつ病が原因で低下していた意欲が取り戻せ前向きに行動する勇気を生み出してくれます。

 

しかし、この二つの種類のうつ病治療薬だけではどうしても改善されない重度のうつ病の方もいらっしゃいます。

 

重度のうつ病の方には、NaSSA(ノルアドレナリン作動性と特異的セロトニン作動性抗うつ薬)と言う作動性を促す治療薬が有ります。

 

ノルアドレナリンとセロトニンの分泌をより多く増やすことで症状を改善します

 

サインバルタはセロトニンとノルアドレナリンを増やす働きがあり、副作用も少ないので精神科やメンタルクリニックではうつの方に処方される事が多いです。

 

サインバルタの効果とは

 

 

サインバルタの効果についてご紹介します。

 

サインバルタはセロトニンとノルアドレナリン再取り込み阻害と言う効果のある主にうつ病の治療薬です。
しかし、それだけではなくもう一つの効能として糖尿病性神経障害に伴う疼痛や慢性腰痛症と変形性関節症、線維筋痛症にも効果があります。

 

ただし、うつ病以外での服用の場合には服用量を抑える必要があります。

 

うつ病ではない方が服用すると精神状態が不安定になり感情をコントロール出来なくなる場合もありますので用量だけは充分に注意して気を付けましょう。

 

サインバルタの服用方法・用量について

 

サインバルタをうつ病やうつ状態で服用する基本的な方法として、1日1回朝食後カプセル1錠で20mg飲みます。

 

薬を増やす場合は1週間以上の間隔を空けて1日20mgずつ増やしていきます。

 

もし効果があまり感じられない場合には1日最大量として60mg増やすことが可能ですが、もちろん薬の量を増やす時には充分に気を付けなければいけません。

 

 

サインバルタには副作用ってあるの?

サインバルタの副作用は個人差がありますが、安全性がとても高く副作用の心配もそれほど無く安心して服用できるサインバルタと言われています。

 

主なサインバルタの副作用として上げられるのは、吐き気・眠気・めまい・頭痛・便秘等ですが今までのうつ病の治療薬に比べればかなり副作用は軽く軽減されて、中には副作用は全く感じられなかったと言う方も多くいます。

 

特に、飲み始めの時や服用する量を増やした方で普段とは違う不安感や落ち着きが無く情緒不安定だと感じたらすぐに服用を中止し、医師に相談するように心掛けましょう。

 

サインバルタを服用すると眠気がある

 

稀にサインバルタを服用すると眠気があるという事例があります。

 

抗うつ剤は、脳内のモノアミン物質を増やす役目があります。

 

モノアミンとは神経伝達物質でありセロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンなどがあります。

 

セロトニンは落ち込んだり悩んだりしてしまう不安な気持ちを改善する作用があり、ノルアドレナリンはやる気や意欲、前向きな
気持ちになるように改善し、ドーパミンは楽しみや喜びなど快楽を改善する作用があります。

 

でも抗うつ剤はモノアミンだけを増やしている訳ではありません。

 

色んな抗うつ剤はモノアミンだけではなくヒスタミンと言う神経伝達物質にも影響を与えてしまいそれによって眠気が出てきてしまいます。

 

サインバルタの離脱症状

 

サインバルタで離脱症状が起きてしまう原因は抗うつ薬を服用すると血中濃度が急に下がってしまう事で体がそれに対応する事が出来ない為に起こる反応なのです。

 

抗うつ薬を服用している方では耳鳴りが鳴り手足が痺れてしまう離脱症状があります。

 

しかし、離脱症状が出たからと言って急に減薬したりすると返って症状が悪化してしまいます。

 

そう言った場合には必ず医師の判断を仰ぎ慎重に減薬していかなければいけません。

 

出来る限り離脱症状が起こらない為にもキチンとした対処法を知っておくと良いでしょう。

 

離脱症状が起こった場合の対処法について

 

サインバルタを服用し、減薬によって離脱症状が起きてしまった場合にはどのような対処法をしたら良いのでしょうか?

 

離脱症状が起こる原因として医師との相談をしないで自己判断でサインバルタの服用を中断・中止したり、医師との相談の上減薬したが急に減薬したため離脱症状が起こったと言う事例があります。

 

本当は服用を続けなければならないのに飲むのが面倒くさくなったり、最近調子が良いからと薬を中断したり殆どが自己判断の結果離脱症状が多く出てきています。

 

もちろん、抗うつ薬をもう一度キチンと服用し始めれば離脱症状は緩和されます。

 

自己判断で決して抗うつ薬を中止・中断せずにキチンと専門の医師と必ず相談し減薬するように心掛けましょう。

 

サインバルタは太るのか

 

精神科でもらうお薬には太ってしまう作用がある場合がよくあります。

 

副作用が少ないサインバルタですが果たして太るのでしょうか。

 

抗うつ剤に配合される成分に抗ヒスタミン作用がある薬は太りやすいです。ヒスタミンが満腹を感じさせ食欲を抑えるため、抗ヒスタミンは食欲が増す訳です。

 

サインバルタにも抗ヒスタミン作用がありますが他の抗うつ剤に比べると少ないとされています。

 

また意欲向上させる効果があるので活発になるため、痩せやすくなる人もいます。

 

要するにサインバルタを服用すると太る人もいれば痩せる人もいて個人差がありますが抗うつ剤としては軽い物だと言えます。

 

サインバルタ服用者の口コミ

 

実際にサインバルタを通販で購入して服用した方々の口コミを紹介します。

 

サインバルタを病院に行って処方してもらえばいいのは分かっていますが、行けない日があって個人輸入を利用しました。ネットで買えるのはどうしても病院に行けない時に本当に助かります。

 

うつでずっと何もしたくない寝てばかりの日が続きました。
病院で処方してもらって効果を感じたので飲み続けるならネットで買おうと思ったのがきっかけです。
カプセルで飲みやすいのが良いです。

 

朝飲んで少し眠気を感じますが、気になるほどではありません。
なんとなく意欲が出てくる実感があります。

 

うつ病でずっと病院へ通院していましたが、病院へ行くのも面倒くさくなり家に引きこもるようになりました。そんな時に心配した母が通販でサインバルタを見つけて購入。母にはズット心配を掛けてきていましたし、私もどうにか立ち直りたい克服したいと言う気持ちで飲み続けました。

あれからもう1年が経ちますがすっかり克服して今では仕事にも行くようになりました。

 

沢山の種類の薬を飲みましたが効果が得られず・・また副作用が酷くてで仕事を休みがちに・・。

そんな時に通販で、たまたまうつ病の薬を検索した所サインバルタを見つけました。
効果は飲んで見なくては分からなかったので試しに購入しました。
まだ、飲み始めて2週間ですが副作用もほとんどなく毎日の様に落ち込んだり気持ちも不安定だったけれど最近はとても前向きです。このまま続けて克服できればと思います。

 

40代男性独身、不眠症でうつ病です。歳のせいかと思いましたが、毎日が何も楽しくない。それを誰にも言えない・・。病院へ通うもしんどい、疲れる。仕事もやる気が出ない・・。お陰でリストラされました。

途方に暮れた時古い友人が訪ねてきて、久しぶりの話についうつ病の話をしたらサインバルタを教えてもらいました。半信半疑で購入し飲み続けました。
今では不眠症も緩和され、再就職をしようと就活を頑張っています。

 

サインバルタの口コミは飲んで良かったという意見が多いです。

 

抗うつ剤として副作用も少ないのでうつで苦しんでいるなら飲んでみてはいかがでしょうか。

 

>>サインバルタ30mg 1箱(合計28錠)

 

>>サインバルタ60mg 1箱(合計28錠)

 

 

サインバルタが人気でお勧めな理由

 

サインバルタは沢山の種類の抗うつ薬の中でも最も人気で良く売れています。

 

サインバルタが人気でお勧めな理由としては世界各国の病院でも最も処方されている薬なのです。そして、通販で購入すると病院で購入するよりもお値打ちで安いと言う事です。

 

うつ病の方なら外に出るのもおっくうで面倒くさい・・けれど通販ならば手間も時間も掛からない。

 

それに、病院で処方されているうつ病の薬と同じ成分で全く違いはなく世界で安心して処方され売られていると言うサインバルタはとても安心で安全なうつ病の薬なのです

 

サインバルタの個人輸入って?

 

うつ病の薬の購入方法は病院へ行って処方してもらう事が一般的です。

 

しかし、平日休みが取れない時間が無い休日には病院はやってないなど、様々な理由があります。

 

しかしそんな方にはうってつけの通販、個人輸入があります。

 

サインバルタの個人輸入って大丈夫なの?と不安な方も多いと思いますが今では普通に個人輸入が簡単にできます。

 

それは個人輸入代行業者があるからこそ海外のお薬も購入する事が出来るのです。

 

サインバルタを通販で購入するメリット

 

 

サインバルタを通販で買うメリットは個人輸入をする事によって自分には何も負担が掛からない事です。

 

病院へ行くなら手間や時間や余分なお金が掛かる、交通費や診察代に処方代、仕事には遅刻・欠勤・早退の上に病院での待ち時間・・。

 

丸1日潰れてしまいます。

 

その点通販ならば24時間対応いつでも好きな時に注文できます。

 

掛かるのは購入代金のみ。しかも通販だから病院よりも凄く安くてまとめ買いが出来ます。

 

 

個人輸入代行について

 

個人輸入代行ってよく聞くけれど一体どういう事なの?安心・安全なの?と不安になる方は多いでしょう。

 

ご安心下さい、個人輸入代行とは医薬品を海外からスムーズに購入できるようサポートしてくれる代行業者です。

 

個人輸入代行を利用は普通のネット通販と利用は何も変わりません。

 

会員登録をして商品を選び購入する、普通のネット通販と同じです。

 

ただし薬の場合、個人輸入は1回の利用で1ヵ月分までの購入が出来ると決められていますのでご注意下さい。

 

ですが、個人輸入をする場合には処方箋は不要ですので嬉しいですね。

 

サインバルタは腰痛にも効果がある

 

 

サインバルタはうつ病の薬ですが慢性腰痛に効果があると認められています。

 

神経の痛みに効果があるので慢性腰痛にも適応するのです。

 

腰痛だけでなく糖尿病性神経障害や線維筋痛症にも効果があるとされています。

 

サインバルタはSNRIでセロトニンやノルアドレナリン再取り込み阻害薬で下行性疼痛抑制系の痛みを緩和する働きがあります。

 

そのため腰痛など慢性的な痛みに対して整形外科で処方され注目を浴びているのです。

 

下行性疼痛抑制系の鎮痛薬には他にもリリカやノイロトロピンがあり神経の痛みに効果があります。

 

サインバルタは妊娠中や授乳中は服用してもいいのか?

 

 

サインバルタは医薬品なので妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響を考えると出来れば避けたい物です。

 

治療の上で医師がどうしても必要だと判断すれば投与する事、とされています。

 

ですが妊娠末期にSNRIを服用した妊婦が出産した赤ちゃんは入院期間が長引いたり呼吸状態が悪い、栄養摂取の補助、嘔吐や低血糖、筋緊張低下などの症状があると報告があります。

 

赤ちゃんにとってリスクがありますが医師がサインバルタ服用の危険性よりも飲んだ方が本人にとって必要な事だと判断されれば服用となりますが、決して自分の判断でサインバルタを服用してしまわぬように注意して下さい。

 

サインバルタはお酒を飲んでもいいのか?

 

 

抗うつ剤はアルコールと併用するのはおすすめしません。サインバルタとアルコールは中枢神経抑制作用があるので、作用が増強してしまうリスクがあります。

 

ですがお酒を全て絶つのが難しいならば医師の許可を得て飲酒するようにしましょう。